スポンサーリンク
スポンサーリンク

岸田翔太郎(岸田首相の長男)の学歴や家族構成は?

政治・経済

先日岸田内閣での首相秘書官に起用された、岸田首相の長男岸田翔太郎氏の経歴や、家族について調べてみました。

経歴について

岸田翔太郎(きしだしょうたろう)

父は岸田 文雄(岸田内閣総理大臣)
母は岸田 裕子(岸田さんとはお見合い結婚)
兄弟は弟が2人いて・3人兄弟の長男です。
生年月日:1991年1月14日(31歳)
出身:広島県
趣味:バトミントン

出身高校 修道高校(偏差値70) 広島市中区の私立の男子校です。
出身大学 慶應義塾大学法学部政治学科 (偏差値67.5)

趣味のバトミントンに関しては高校時代からバトミントンをしていたようで、大学ではKBF(慶應バードフェローズ)という強豪サークルにも入っていたようですので、かなり本格的にされていたようです。

法学部の法制学科を卒業しています。その当時にはすでに父の岸田首相は議員をしていたので、将来的に政治の世界へに進むことも想定していたと思います。

それにしても偏差値70って普通じゃないですよね。相当頭が良いと思いますので、今回否定的な意見も多いですが、仕事は本当にできるからこその起用かもしれないですね。

職歴について

大学卒業後は三井物産に入社しています。
三井物産と言えば日本の5大商社と呼ばれる超大手企業です。関係者の方が最近、「三井物産を退社されて秘書をされている」と発言されていたことからも間違いないと思われます。

基本的に世襲をする場合には、よくどの業界でも一度は親族などと関係がない企業などで社会を学び実力を付けてから戻り、そこで更に親の元で数年学んだ後世襲することが多いので、翔太郎さんはいったんは政治とは全く関係のない商社で経験を積み岸田首相の秘書として政治のノウハウを学んでいたところだったと思われます。

同じような経歴の政治家
・福田達夫さん(自由民主党筆頭副幹事長)が、慶應義塾大学卒業後→三菱商事→父:福田康夫元首相の私設秘書→内閣総理大臣秘書官→2012年に父の政界引退とともに衆議院議員選挙に出馬し初当選を果たしています。

世襲についても批判的な意見がありますが、両親がかかわってきた職業は子どもの頃から見ている一番身近な職業であり、「親が政治家だから政治家になりたい」、「親が医者だから医者になりたい」と考えてもおかしくないですし、その職に就くための最短ルート(答え)を親が知っていることはとても有利に働くので、多くが世襲することは自然な事なのではないかなと思います。

現代では、子どもの立場からでも世襲が嫌なら違う職業に就く。自分で調べる事も、情報を集め学ぶ事も出来るので、一概には言えませんがたくさんの選択肢の中からそれを自分で選んでいると思います。

結婚・こどもについて

結婚およびお子さんについて調べてみたのですが、明記されておらず、6年ほど前のフェイスブックの書き込みに

「結婚おめでとう」

との文言と、女性と写ったツーショット写真がありました。そして話題になっているからか、翔太郎氏のフェイスブックのプロフィール写真が10/4に変更されて、現在の写真になっているようです。

結婚に関しては、2年前に岸田首相が次期ポスト安部として日本テレビのニュースの密着番組に出た際に、長男・次男とともに3人で議員宿舎で生活をしているとのことでしたので、6年前に結婚しているというのは違うのかな?と思います。

追加で情報があれば今後も追記していこうと思います。

本人のフェイスブックはこちら
(20+) 岸田 翔太郎 | Facebook

コメント

タイトルとURLをコピーしました