スポンサーリンク
スポンサーリンク

山田邦子の現在|若い頃あれほどの人気だったのになぜテレビから消えたのか?

エンタメ

M-1グランプリの審査員に抜擢された山田邦子さんですが、一昔前前はテレビで見ない日はないほどの売れっ子芸人さんでした。

そんな山田邦子さんは現在テレビで大活躍!とはなってませんよね。

その原因について調べてみました。

山田邦子のプロフィール

名前     山田邦子(やまだ くにこ)

ニックネーム 邦ちゃん

生年月日   1960年6月13日

出身地    東京都荒川区

血液型    B型

身長     168cm

山田邦子の人気や収入がやばい

今の若い世代の人にはピンと来ないかもしれませんが「女性ピン芸人で唯一天下を取った」と言われるほどの人気がありました。

好きなタレント調査で8年連続女性部門1位を取り、当時月収が一億くらいあったとテレビで話していました。

年収ではないですよ!月収ですから!

全盛期らレギュラー番組14本、イメージが良い方だったのでCMも8社。映画やドラマにも出演しつつ、CDや小説なども手掛けその殆どがベストセラーになっています。

人気絶頂の山田邦子が消えた理由

そんな人気絶頂の山田邦子さんが何故テレビから消えたのか?

その原因を調べてみました。

その① テレビ視聴率の低下

テレビの視聴率が低下傾向になると、今まで高感度No.1だった山田邦子さんにバッシングが起きてしまいます。

1995年NHKの大河ドラマ「八代将軍吉宗」で吉宗の生母「浄円院」の役が視聴者から違和感があるとの反応が多く、ミスキャストと評されました。これがバッシングの発端となったようです。

その② 略奪婚

1995年12月、後藤史郎さんとの不倫をスクープされてしまいます。

後藤史郎さんはテレビ番組制作会社の社長さんで、現場で知り合ったとみられています。

妻子持ちだった事もあり世間からのバッシングがかなりあったようです。

その後5年が経ち2000年にお二人は結婚されたので、結果後藤史郎さんを奪った略奪婚という認識で広がりました。

ドラマでのミスキャストバッシングで燻っていた火種が、この略奪愛で好感度を一気に無くし、テレビ露出をかなり失います。

そしてこれだけでは終わらず更にバッシングに晒される事になります。

その③ 記者に暴言を吐いてしまう

この暴言がテレビから消える決め手となりました。

略奪婚の取材に訪れた井上公造氏に執拗に追い回され苛立った山田邦子さんは「お前モテないだろう」「バカじゃないの」と暴言を吐いてしまいます。

そのシーンがワイドショーなどで繰り返し放送されてしまいました。

この映像が致命傷となりテレビから姿を消す事になりました。

山田邦子はガン闘病をしていた

2007年4月の「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学スペシャル」にゲスト出演し、左右の胸に乳がんがあると発覚しました。

2回の手術でガンを全摘出し、その後の再発はないようです。

テレビから遠ざかった理由として、この病気も大きかったのかと思います。

生活の為のお金はあるはずですしね。

山田邦子の再ブレークはあるか?

再ブレークの兆しがありますよね!

実は2年前くらいからYouTube「山田邦子 クニチャンネル」を立ち上げています。

更に最近では「水曜日のダウンタウン」でも出演しています。

そして今回2022年M-1グランプリの審査員に選ばれています。あからさまに上沼恵美子さんの代わりになっていますよね。

元々実力のある芸人の山田邦子さんなので、再ブレークの予感はありますよね!

まとめ

山田邦子は何故テレビから消えたのか?という題材で調べてみましたが、原因は不倫と暴言だったようです。

山田邦子さん本人も暴言には反省もしていると思いますし、略奪婚もその後離婚などもなく、本物の愛だったのかとも思えます。

ここから再ブレークありそうな山田邦子さんに注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました